最新記事

ワイドカラーシャツとは、通常のレギュラーカラーシャツよりも襟羽が高く襟足が高いシャツのことです。
冠婚葬祭のときには、レギュラーカラーシャツが一般的ですが、結婚式のときなど華やかな場にはワイドカラーシャツもおすすめです。
襟の開き方がレギュラーカラーよりも広めなので、ネクタイのノットが映えてきれいにみえます。
おしゃれで遊び心のあるスタイルになるので、シャツの柄や色目も少し工夫するとよりすてきです。
ただし、新郎新婦の父親である場合や、マナーに厳しい人が多い場合など、きちんとした服装が求められる状況も考えられるので、不安な場合はオーソドックスなスタイルでいく方が間違いないでしょう。
基本的に、新郎新婦の友人としての参列の場合や、二次会などのくだけた場ならば問題はないはずです。
また、ボタンダウンカラーなどはカジュアルすぎるので避けましょう。
一方、お葬式などのときはどうなのでしょうか。
やはり、レギュラーカラーが一般的ですが、ワイドカラーでも問題はないとされています。